シンプルライフ

シンプルライフとは?得られる3つのメリットと実践方法!

シンプルライフという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

その定義は人それぞれですが、ミニマリストや断捨離生活とは少し違います。

あまりシンプルライフという言葉を聞き慣れていない方は、

  • シンプルライフってどういう意味?
  • シンプルライフのメリットは?
  • シンプルライフを実践するにはどうしたらいいの?

という疑問をお持ちになると思います。

そこでこの記事では、そんなシンプルライフに対する疑問に、シンプリストの僕がお答えします。

シンプルライフに興味がある方は是非ご一読ください。

シンプルライフとは?


シンプルライフとはどういう生活スタイルなのでしょうか?

よく、ミニマリストや断捨離生活と似た意味で用いられることも多いシンプルライフですが、僕はシンプルライフを少し違う意味で使っています。

それは、好きなことをして生きていくという意味です。

無駄な物を削ぎ落として、自分の好きなことや、好きな物に囲まれて生活するライフスタイルを指します。

シンプリストとミニマリストの違い

シンプルライフを実践する人は、シンプリストと呼ばれています。
シンプルライフや、シンプリストは、インスタのタグでも勢いがあるキーワードです。

そこで、混同してしまうのが、シンプリストとミニマリストです。
両者とも「物を減らして生活する人」というイメージを持つ方が多いと思いますが、厳密には違いがあります。

ここではシンプリストとミニマリストの違いについて解説します。

まず結論から。
シンプリストとミニマリストは、持つ物の量が違います。

  • シンプリスト=余分なものはとことん減らすけど、好きな物は持つし、好きなことは思う存分やる
  • ミニマリスト=物を減らすことで、豊かな人生を送ることが目的

例えば、僕は家でコーヒーを淹れるのが大好きなので、自宅に電動のコーヒーミルを置いています。

ちょっと大きめサイズでかさばるのですが、安定して同じ細かさの豆を挽くために欠かせません。

これをミニマリスト的な視点で考えると、コーヒーを淹れるための道具は少ない方が良いので、小さい道具を選んだり、そもそも家では淹れずコンビニやコーヒースタンドで買ってくることになるでしょう。

所有する物の量は、ミニマリストの方がシンプリストより少なくなります。

シンプルライフは物だけじゃない

シンプルライフは物だけではありません。仕事やお金についても余分な物を減らして好きなものだけを残します。

仕事の場合は、ストレスの原因となるような通勤時間や付き合いなどの時間を少なくする一方で、好きな内容の仕事に使う時間を増やします。

お金の場合は、余分な出費を無くして、浮いたお金を趣味や自己投資に使うことで生活を豊かにします。

つまり、シンプルライフとは、好きなことをとことん追究していく生き方だといえますね。

シンプルライフで得られる3つのメリット


シンプルライフを送ることで得られるメリットを3つご紹介します。

物を管理することから解放される

シンプルライフは基本的には物を減らす生活をしますので、物の管理から開放されてストレスが減ります

物を管理するのってなかなか大変です。物が多いと、「あれはどこにしまったんだっけ?」と探すだけでも一苦労。掃除も大変だし、時間もかかります。

シンプルライフは好きな物を持つのはOKという考え方ですが、自分の好きなものをいくつか保有していたとしても、その管理は不要なものを大量に持っている場合と比べたら、遥かに簡単なはずです。

ころんと
ころんと
好きなものなら管理も楽ですよね!

仕事が嫌じゃなくなる

自分が好きなことを仕事にできたら仕事は嫌じゃなくなるはず。

シンプルライフの考え方は、仕事の嫌な部分を無くして、好きなことを仕事にすることです。

通勤時間や望まない付き合いを少なくし、仕事内容を見直すことで仕事の嫌な部分を削ぎ落とすと、仕事がどんどん好きになります。

支出が減って心にゆとりができる

余分な出費を減らすことで、暮らしにゆとりが生まれます。

例えば、毎月30万円使っていた家庭が、家計を見直して毎月20万円で生活できるようになるとどうなるでしょうか?

もし20万円で生活できることが分かれば、精神的にかなり楽になります。

毎月10万円分仕事を減らしても良いし、同じように稼いで別のことに使っても良いのです。

シンプルライフの実践方法


ここからは実践です。
シンプルライフ実践の基本は、ゼロベースで考えること。まず減らして、必要なものだけ積み上げていくという方法です。
ここでは、僕が実際に実践した方法をご紹介します。

まずは物を減らす!

シンプライフの第一歩は断捨離です。
物を減らすことで、本当に必要な物を見つけます。

世間は断捨離ブームなので、断捨離関係の本は多数出版されています。
気になった本を見つけたら読んでみるのも良いでしょう。

ちなみに僕は、佐々木 典士さんの、「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」を読みました。

ミニマリストの方向けの本ですが物の所有に対する考え方の参考になります。

次に、僕が実践している断捨離のルールと使えるツールをご紹介します。

断捨離のルール
  • 迷ったら手放す
  • 1年使わなかったら手放す
  • また欲しくなったら買う

手放すのに迷う場合、それは要らない物である場合が多いです。
僕の場合、処分するか迷った物を捨てて後悔したことはほとんどありません。

また、1年間使わないということは、春夏秋冬どの季節でも不要のアイテムということ。
こちらは迷わず処分しましょう。

そして、一番重要なのは、「また欲しくなったら買ってOK」というルールを作ることです。
このルールがないと処分が進みません。あとでお金はかかるかもしれませんが、処分してからまた欲しくなるものって意外と少ないです。

ころんと
ころんと
我が家はソファーを3回買い直しましたよ!笑
断捨離に使うツール
  • メルカリ
  • セカスト

断捨離とはいえ、まだ使える物なら、他の人に使ってもらいたいですよね。

そこで、売れる物なら、フリマアプリの定番「メルカリ」を利用しましょう。
ただ、「売れるまで待ってられない」場合や、「送料がかかるとマイナスになっちゃう」場合は、自分でリユースショップに持ち込みます。

我が家ではセカンドストリート(セカスト)をよく利用しています。(近いので!)

この作業を繰り返していると、最後は本当に必要なものだけが手元に残ります。

在宅ワークに変えてみる!

通勤時間も仕事に関する無駄のひとつです。通勤時間がなくなって、その時間を有効活用できたら素敵だと思いませんか?

僕は通勤時間をゼロ、つまり在宅ワークのフリーランスになる選択をしました。
ライティングや、ブログ、他にもいくつか仕事をしますが基本はパソコンがあれば、自宅でできることばかりです。

家族との時間が増え、仕事の内容や、取引先も選ぶこともできます。

いきなり在宅ワークにするのが大変な場合は、まずは通勤時間を減らすために、自転車や歩いて行ける職場に変えるのも一手です。

  • 近い職場にする
  • 在宅ワークができる仕事をする

の順番で少しずつ働き方を変えていくと良いでしょう。

スマホアプリで家計を見直そう!

家計を見直すためには、まず現状を知ることから始めましょう。

僕は、マネーフォワードというアプリを使って家計簿をつけています。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

口座情報や、クレジットカード情報から家計簿を自動で作ってくれる便利なアプリです。
自分と同じくらいの収入の人と比べたり、予算の設定をしたりできるため、家計の見直しに役立ちます。

我が家の家計簿を振り返ったところ、車の出費が多いことがわかりました。
通勤で車を使わないのに車は2台持ち。休日の外出や子供の送り迎えに使うにしても、1台あれば充分でした。

家計簿を自分でつけるのは大変なので、クラウドで管理しくれるアプリを利用するのが良いでしょう。

まとめ

以上、シンプルライフについて、物、仕事、お金の観点からご紹介しました。シンプルライフに興味を持つきっかけになれば幸いです。